top of page

通信業界のDXが切り拓く、新たな顧客体験と価値創造

通信業界のDX

本記事では、通信業界におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の現状、顧客体験の革新、新たな価値創造、業務プロセス改革、データ活用と人材育成、国内外の事例、そして今後の展望について詳しく解説しています。


通信事業者がDXを推進することで、顧客満足度の向上、新ビジネスの創出、社会課題の解決など、様々な効果が期待できる一方、レガシーシステムの刷新やデジタル人材の確保など、克服すべき課題も存在します。


本記事は、通信業界のDXの現状と将来像を俯瞰し、DXの実現に向けた示唆に富んだ内容となっています。


目次

はじめに

  • 通信業界を取り巻く環境の変化

  • DXの必要性と期待される効果

通信業界におけるDXの現状

  • DXへの取り組み状況

  • 他業界との比較

  • 課題と障壁

顧客体験の革新

  • パーソナライズされたサービスの提供

  • オムニチャネル戦略の強化

  • セルフサービスとチャットボットの活用

  • 顧客エンゲージメントの向上施策

新たな価値創造

  • 5Gの活用事例

  • IoTとビッグデータの活用による新サービス開発

  • AIを活用した運用効率化と予測保全

スマートシティ実現への貢献

デジタル化による業務プロセス改革

  • デジタルトランスフォーメーションの推進体制

  • レガシーシステムのモダナイゼーション

  • クラウドとアジャイル開発の導入

  • 業務自動化とRPAの活用

DXを支えるデータ活用と人材育成

  • データドリブン経営の実践

  • データガバナンスとセキュリティ対策

  • デジタル人材の育成と組織文化の変革

  • 外部パートナーとのエコシステム構築

事例紹介

  • 国内通信事業者のDX成功事例

  • 海外通信事業者のDX先進事例

今後の展望

  • DXの更なる進展と期待される効果

  • 通信業界の将来像と課題

まとめ

  • DXによる通信業界の変革

  • 顧客体験と価値創造の重要性

  • DX成功のポイントと留意点


はじめに


通信業界を取り巻く環境の変化

近年、通信業界は大きな変革期を迎えています。スマートフォンの普及、モバイルデータトラフィックの爆発的増加、IoTデバイスの急速な拡大など、技術の進歩とユーザー行動の変化が業界に大きな影響を与えています。また、通信サービスの commoditization が進み、通信事業者間の競争が激化する中で、差別化要因としてのサービス品質や顧客体験の重要性が高まっています。


同時に、5Gの商用化、クラウドコンピューティングの発展、AI・ビッグデータ分析技術の進歩など、新たなテクノロジーの登場が、通信業界にとって大きな機会となっています。これらの技術を活用することで、通信事業者は、高速・大容量・低遅延の通信サービスを提供し、新たな価値創造や収益源の確保が可能になると期待されています。


しかし、レガシーシステムの存在、組織・文化の硬直性、デジタル人材の不足など、DXを推進する上での課題も山積みです。通信事業者は、これらの課題を克服し、変化に迅速に適応していくことが求められています。


DXの必要性と期待される効果

通信業界がこれらの環境変化に対応し、持続的な成長を実現するためには、DX(デジタルトランスフォーメーション)が不可欠です。DXとは、デジタル技術を活用して、業務プロセス、製品・サービス、ビジネスモデルを変革し、競争上の優位性を確立することを指します。


通信業界におけるDXの必要性は以下の点が挙げられます。


1. 顧客体験の向上:デジタル技術を活用して、パーソナライズされたサービスの提供、オムニチャネル戦略の強化、セルフサービスの拡充など、顧客体験を革新する。

2. 業務効率化とコスト削減:AIやRPAを活用して業務を自動化し、運用コストを削減する。また、レガシーシステムのモダナイゼーションによって、ITコストの最適化を図る。

3. 新サービスの創出:5G、IoT、ビッグデータ、AIなどの新技術を活用し、スマートシティ、遠隔医療、自動運転など、新たな価値を提供するサービスを創出する。

4. ビジネスモデルの変革:デジタル技術を活用して、サブスクリプションモデルやプラットフォームビジネスなど、新たなビジネスモデルを構築し、収益源を多様化する。


DXを推進することで、通信事業者は以下のような効果を期待できます。


1. 顧客満足度の向上とロイヤルティの強化

2. 業務効率化によるコスト削減と利益率の改善

3. 新サービス・新ビジネスモデルによる収益源の多様化

4. 組織のアジリティ向上と変化への適応力強化

5. 優秀な人材の獲得と従業員エンゲージメントの向上


DXは、通信業界が環境変化に適応し、持続的な成長を実現するための重要な手段です。DXを成功裏に進めるためには、経営層のリーダーシップ、明確なビジョンと戦略、適切な人材育成と組織文化の醸成が不可欠です。また、パートナーエコシステムの構築や、セキュリティ・プライバシー対策など、多岐にわたる課題に総合的に取り組む必要があります。


通信事業者がDXを着実に推進し、新たな顧客体験と価値創造を実現することで、業界全体の発展と社会への貢献が期待されます。


通信業界におけるDXの現状


DXへの取り組み状況

通信業界は、デジタル化の波を早くから経験してきた業界の一つです。スマートフォンの普及、モバイルデータトラフィックの増加、IoTの拡大など、通信事業者は常に技術の進歩に対応してきました。近年では、多くの通信事業者がDXを経営戦略の中核に据え、積極的な投資と取り組みを進めています。


主なDXへの取り組み事例は以下の通りです。


1. 5Gネットワークの展開:高速・大容量・低遅延の5Gネットワークを構築し、新たな価値創造の基盤を整備。

2. IoTプラットフォームの提供:IoTデバイスの管理、データの収集・分析、アプリケーション開発を支援するプラットフォームサービスを提供。

3. AIの活用:顧客対応の自動化、ネットワーク運用の最適化、予測保全など、AIを活用した業務効率化を推進。

4. クラウド事業の強化:自社のクラウドサービスを提供するとともに、他社クラウドとの連携を進め、ハイブリッド・マルチクラウド環境を構築。

5. デジタルチャネルの拡充:オンラインでの契約手続き、チャットボットによる顧客サポート、アプリを通じたセルフサービスなど、デジタルチャネルを強化。


これらの取り組みにより、通信事業者は、顧客体験の向上、業務効率化、新サービスの創出など、DXの効果を実現しつつあります。


他業界との比較

通信業界のDXは、他業界と比較して比較的進んでいる分野と言えます。特に、ネットワークインフラの整備、IoTの活用、AIの導入など、技術面での取り組みは先進的です。


一方で、以下のような点では、他業界と比べて課題や遅れも見られます。


1. レガシーシステムの存在:長年の事業運営の中で構築された複雑なレガシーシステムが、DXの足かせとなっているケースがある。

2. 組織・文化の変革:デジタル化に対応した組織構造や企業文化への変革が、他業界と比べて遅れている面がある。

3. ビジネスモデルの転換:通信サービスの commoditization が進む中、新たなビジネスモデルの構築や収益源の多様化が課題。


課題と障壁

通信事業者がDXを推進する上では、以下のような課題と障壁が存在します。


1. レガシーシステムの複雑性:長年運用してきた基幹システムが複雑に絡み合い、DXの障壁となるケースが多い。

2. 人材不足とスキル gap:デジタル人材の確保が難しく、既存社員のデジタルスキル不足も課題。

3. 組織・文化の硬直性:縦割り組織や官僚的な文化が、DXに必要なアジリティや変革を阻害。

4. セキュリティ・プライバシー対策:大規模なネットワークやデータを扱う通信事業者にとって、サイバー攻撃やデータ流出は大きなリスク。

5. 規制への対応:通信事業は各国の規制が強い分野であり、規制への対応がDXの制約となる可能性。


これらの課題や障壁を克服するためには、経営層のリーダーシップ、組織文化の変革、人材育成の強化、パートナーシップの活用など、多面的なアプローチが必要です。また、レガシーシステムのモダナイゼーションや、セキュリティ・プライバシー対策の徹底など、地道な努力の積み重ねも欠かせません。


通信事業者は、これらの課題に真摯に向き合い、着実にDXを推進することで、業界の変革をリードしていくことが期待されます。


顧客体験の革新


パーソナライズされたサービスの提供

DXの重要な目的の一つは、顧客一人ひとりのニーズや嗜好に合わせたパーソナライズされたサービスを提供することです。通信事業者は、膨大な顧客データを活用し、AIやビッグデータ分析技術を用いることで、個々の顧客の行動や選好を深く理解し、最適なサービスを提案することが可能になります。


具体的な事例としては、以下のようなものが挙げられます。


1. 個人の利用状況に基づく料金プランの最適化提案

2. 顧客の嗜好に合わせたコンテンツやアプリケーションのレコメンデーション

3. 位置情報や行動履歴に基づくリアルタイムな情報配信やクーポン提供


パーソナライズされたサービスにより、顧客は自分に合ったサービスを享受でき、通信事業者は顧客満足度の向上と、ロイヤルティの強化が期待できます。


オムニチャネル戦略の強化

顧客体験を革新するためには、オムニチャネル戦略の強化が欠かせません。オムニチャネルとは、店舗、Web、アプリ、電話、メールなど、複数のチャネルを連携させ、シームレスで一貫した顧客体験を提供することを指します。


通信事業者は、以下のようなオムニチャネル施策を推進しています。


1. オンラインとオフラインのチャネル連携:店舗とWebサイトの在庫情報の連携、オンラインで購入した商品の店舗受け取りなど。

2. チャネル間でのデータ共有:各チャネルでの顧客の行動履歴や嗜好情報を一元管理し、パーソナライズされた対応を実現。

3. 統一された UI/UX:チャネルを横断して、一貫したデザインやナビゲーションを提供。


オムニチャネル戦略により、顧客は状況や嗜好に合わせて最適なチャネルを選択でき、ストレスのない一貫した体験を得られます。


セルフサービスとチャットボットの活用

顧客体験の向上と業務効率化を両立するために、セルフサービスとチャットボットの活用が進んでいます。セルフサービスにより、顧客は自分自身で手続きやトラブルシューティングを完結でき、チャットボットを活用することで、24時間365日いつでも問い合わせに対応できます。


通信事業者は、以下のようなセルフサービスとチャットボットの活用事例を進めています。


1. アプリやWebサイトでの契約内容の確認や変更手続き

2. オンラインでのトラブルシューティングやFAQの提供

3. AIを活用した自動応答チャットボットによる問い合わせ対応

4. 音声認識を活用した自動音声応答システム


セルフサービスとチャットボットにより、顧客は迅速かつ簡単に用事を済ませることができ、通信事業者はコールセンターの負荷を軽減し、人的リソースを高付加価値のタスクにシフトできます。


顧客エンゲージメントの向上施策

顧客エンゲージメントを高めることは、顧客ロイヤルティの向上と、長期的な収益拡大に繋がります。通信事業者は、以下のような施策により、顧客エンゲージメントの向上を図っています:


1. ガンマプログラムの拡充:利用年数や利用額に応じたポイント付与や特典提供により、長期的な利用を促進。

2. コミュニティの運営:オンラインコミュニティを通じて、顧客同士の交流や情報共有を支援。

3. イベントやセミナーの開催:新サービスの体験会や、スキルアップセミナーなどを通じて、顧客との交流を深める。

4. SNSでのインタラクティブなコミュニケーション:SNSを通じて、顧客の声に耳を傾け、双方向のコミュニケーションを実践。


これらの施策により、通信事業者は顧客との絆を深め、エンゲージメントの高い顧客基盤を構築することができます。


DXによる顧客体験の革新は、通信業界における競争優位性の源泉となりつつあります。通信事業者は、パーソナライゼーション、オムニチャネル、セルフサービス、顧客エンゲージメントなど、様々な施策を組み合わせながら、顧客中心の事業運営を推進していくことが求められます。


新たな価値創造


5Gの活用事例

5Gは、高速・大容量・低遅延・多接続という特性を持ち、これまでにない新たな価値創造の機会をもたらします。通信事業者は、5Gを活用することで、様々な業界のデジタルトランスフォーメーションを支援し、新たなサービスやソリューションを提供することができます。


具体的な5Gの活用事例としては、以下のようなものが挙げられます。


1. スマートファクトリー:5Gを活用した工場内のリアルタイムな設備監視や制御、自律型ロボットの導入などにより、製造業の効率化と高度化を支援。

2. 遠隔医療:5Gの低遅延性を活かし、遠隔地からのリアルタイムな診断や手術支援、救急現場からの高精細な映像伝送などを実現。

3. 自動運転:5Gを活用した車両間通信や、高精度な地図データのリアルタイム更新により、自動運転の安全性と利便性を向上。

4. エンターテインメント:高速・大容量の5Gを活用し、高品質なストリーミング配信、VR/ARコンテンツの提供、没入感の高いゲーム体験などを提供。


通信事業者は、5Gの capabilities を最大限に活用し、様々な業界との協創を通じて、新たな価値創造を推進していきます。


IoTとビッグデータの活用による新サービス開発

IoTの普及により、幅広い分野で大量のデータが生成されるようになりました。通信事業者は、このIoTデータを収集・分析し、ビッグデータ処理技術と組み合わせることで、新たなサービスやソリューションを開発することができます。


IoTとビッグデータを活用した新サービス開発の事例としては、以下のようなものがあります。


1. 予測保全サービス:工場の設備や機器にセンサーを取り付け、稼働データを分析することで、故障や異常の予兆を検知し、事前にメンテナンスを行うサービス。

2. スマート農業ソリューション:農地や作物の状態をセンシングし、気象データと組み合わせて分析することで、最適な灌漑や施肥を提案するサービス。

3. 都市インフラ監視サービス:橋梁や建物、上下水道などの都市インフラにセンサーを設置し、リアルタイムなモニタリングと予兆検知を行うサービス。

4. 流通・在庫最適化サービス:在庫量や配送状況、需要予測などのデータを分析し、サプライチェーンの最適化を支援するサービス。


通信事業者は、自社のIoTプラットフォームと、パートナー企業の知見を組み合わせることで、様々な業界に特化した高付加価値なサービスを創出していきます。


AIを活用した運用効率化と予測保全

通信事業者は、ネットワークインフラの運用・保守に膨大な人的リソースを投入しています。AIを活用することで、運用の自動化と効率化を進め、コストの最適化と品質の向上を実現することができます。


具体的には、以下のようなAIの活用事例が挙げられます。


1. ネットワーク障害の自動検知と自己修復:AIを用いてネットワークの稼働データを常時監視し、障害の予兆を検知して自動的に復旧処理を実行。

2. 需要予測に基づく動的なリソース割り当て:AIを活用して通信トラフィックの需要を予測し、必要なリソースを動的に割り当てることで、効率的なネットワーク運用を実現。

3. 基地局の予兆保全:基地局の稼働データや環境データをAIで分析し、故障の予兆を検知して事前にメンテナンスを実施。

4. カスタマーサポートの自動化:AIを活用した自動応答システムやチャットボットにより、定型的な問い合わせへの対応を自動化。


AIの活用により、通信事業者は限られたリソースを最適に配分し、人的エラーを削減しつつ、安定的で高品質なネットワークサービスを提供することができます。


スマートシティ実現への貢献

通信事業者は、5G、IoT、ビッグデータ、AIなどのデジタル技術を活用し、スマートシティの実現に貢献しています。スマートシティでは、都市インフラやサービスのデジタル化を通じて、利便性、安全性、持続可能性の向上が目指されます。


通信事業者によるスマートシティ実現への貢献事例としては、以下のようなものがあります。


1. スマートモビリティ:5Gを活用した自動運転や車両管理、MaaSプラットフォームの提供により、交通の最適化と利便性向上に寄与。

2. スマートエネルギー:IoTセンサーとAIを活用した再生可能エネルギーの最適制御や、スマートグリッドの運用支援により、エネルギーの効率化と脱炭素化を促進。

3. スマートセーフティ:高精細な監視カメラと AIを活用した公共空間のセキュリティ強化や、災害予測・警報システムの提供により、都市の安全性向上に貢献。

4. スマートヘルスケア:5Gを活用した遠隔医療サービスや、ウェアラブルデバイスとAIを活用した予防医療サービスの提供により、市民の健康増進を支援。


通信事業者は、自社のデジタル技術とソリューションを活用し、自治体やパートナー企業との協業を通じて、スマートシティプロジェクトの企画・設計・実装を主導していきます。


DXにより、通信事業者は様々な業界のデジタル変革を支援し、新たな価値創造を実現していきます。5G、IoT、ビッグデータ、AIなどの先進技術を駆使し、パートナーシップを通じたイノベーションを推進することで、通信業界は社会全体のDXを牽引する存在となっていくでしょう。


デジタル化による業務プロセス改革


デジタルトランスフォーメーションの推進体制

通信事業者がDXを成功裏に進めるためには、全社的な推進体制の構築が不可欠です。DXを単なるIT部門の取り組みとするのではなく、経営層主導の下、事業部門とIT部門が一体となって推進することが重要です。


具体的には、以下のような推進体制が効果的です。


1. CDO(Chief Digital Officer)の任命:DXを専任で推進する最高責任者を任命し、全社的なDX戦略の立案と実行を主導。

2. デジタル変革推進委員会の設置:経営層と事業部門、IT部門の主要メンバーで構成される委員会を設置し、DX施策の方向性を決定。

3. デジタル変革推進チームの編成:事業部門とIT部門のメンバーで構成される実行チームを編成し、具体的なDX施策の立案と実装を担当。

4. アジャイル開発体制の導入:事業部門とIT部門が密に連携し、短いイテレーションで開発と検証を繰り返すアジャイル開発体制を導入。


全社的な推進体制の下、事業部門とIT部門が一体となってDXを推進することで、スピード感を持った変革の実現が可能になります。


レガシーシステムのモダナイゼーション

通信事業者は、長年の事業運営の中で、複雑に絡み合ったレガシーシステムを多く抱えています。これらのレガシーシステムは、DXの足かせとなることが多く、モダナイゼーション(現代化)が急務となっています。


レガシーシステムのモダナイゼーションには、以下のようなアプローチがあります。


1. マイクロサービス化:モノリシックな構造のレガシーシステムを、小さな独立したサービスに分割し、柔軟性と拡張性を高める。

2. API化:レガシーシステムの機能をAPIとして公開し、他のシステムから容易に利用できるようにする。

3. クラウド移行:オンプレミスで稼働するレガシーシステムを、クラウド環境に移行することで、スケーラビリティと可用性を向上。

4. ローコード/ノーコード開発:レガシーシステムの一部をローコード/ノーコードプラットフォームで再構築し、開発の効率化と迅速化を図る。


レガシーシステムのモダナイゼーションには、多くの時間と労力を要しますが、DXの実現に向けて着実に進めていくことが重要です。


クラウドとアジャイル開発の導入

DXを加速するためには、クラウドの活用とアジャイル開発の導入が欠かせません。クラウドを活用することで、俊敏性と拡張性を確保し、アジャイル開発により、ビジネス要件の変化に迅速に対応することができます。


具体的には、以下のような取り組みが有効です。


1. クラウドネイティブアプリケーションの開発:マイクロサービスアーキテクチャとコンテナ技術を活用し、クラウドに最適化されたアプリケーションを開発。

2. DevOpsの実践:開発チームと運用チームが協調し、自動化されたCI/CDパイプラインにより、迅速かつ安定的にアプリケーションをデプロイ。

3. アジャイル開発手法の採用:スクラムやカンバンなどのアジャイル開発フレームワークを採用し、短いイテレーションで開発と検証を繰り返す。

4. クラウドサービスの活用:IaaS、PaaS、SaaSなど、クラウドサービスを積極的に活用し、迅速なアプリケーション開発と運用を実現。


クラウドとアジャイル開発の導入により、通信事業者は市場の変化に迅速に対応し、競争力のあるサービスを素早く提供することができます。


業務自動化とRPAの活用

業務プロセスの効率化と品質向上を図るために、業務自動化とRPA(Robotic Process Automation)の活用が進んでいます。定型的な業務を自動化することで、人的リソースを高付加価値のタスクにシフトすることができます。


業務自動化とRPAの活用事例としては、以下のようなものがあります。


1. 顧客対応の自動化:申込み受付、契約内容の変更、問い合わせ対応など、定型的な顧客対応業務をRPAで自動化。

2. ネットワーク運用の自動化:ネットワーク機器の設定変更、障害対応、パフォーマンス監視など、ルーティンのオペレーションをRPAで自動化。

3. 請求業務の自動化:利用データの集計、請求額の計算、請求書の発行など、請求業務に関連する定型的なタスクをRPAで自動化。

4. 報告書作成の自動化:各種の業績報告書や監査報告書など、定期的に作成が必要な報告書の作成プロセスをRPAで自動化。


業務自動化とRPAの活用により、業務プロセスの効率化と品質向上を実現し、従業員はより創造的で付加価値の高い業務に注力することができます。


DXによる業務プロセス改革は、通信事業者の競争力強化に直結するテーマです。デジタル技術を活用し、レガシーシステムのモダナイゼーション、クラウドとアジャイル開発の導入、業務自動化などを推進することで、俊敏性と効率性を高め、変化に強い組織へと生まれ変わることができるでしょう。


DXを支えるデータ活用と人材育成


データドリブン経営の実践

DXを成功に導くためには、データドリブン経営の実践が不可欠です。データドリブン経営とは、ビジネス上の意思決定や問題解決に、データ分析から得られる客観的な事実やインサイトを活用することを指します。


通信事業者は、膨大な顧客データや通信ログデータを保有しており、これらのデータを戦略的に活用することで、競争優位性を確立することができます。具体的には、以下のようなデータ活用が考えられます。


1. 顧客セグメンテーションと行動予測:顧客の属性や行動履歴データを分析し、セグメンテーションを行うことで、きめ細やかなマーケティング施策を立案。

2. ネットワーク運用の最適化:通信ログデータを分析し、トラフィックパターンやボトルネックを特定することで、ネットワークの最適化と設備投資計画の策定に活用。

3. 新サービス開発:顧客の利用データやニーズデータを分析し、新たなサービスや機能の開発に反映。

4. 不正利用の検知:通信データや認証データを分析し、不正利用や不正アクセスの予兆を早期に検知。


データドリブン経営を実践するためには、データ分析基盤の整備、データサイエンティストの育成、ビジネス部門とデータ分析部門の連携強化などが必要です。


データガバナンスとセキュリティ対策

データドリブン経営を支えるためには、適切なデータガバナンスとセキュリティ対策が欠かせません。データガバナンスとは、データの取得、管理、利用、保護に関する方針や手続きを定め、組織全体で統制することを指します。


通信事業者は、個人情報を含む大量の機密データを扱うため、特に厳格なデータガバナンスとセキュリティ対策が求められます。


具体的には、以下のような取り組みが必要です。


1. データガバナンス体制の確立:データガバナンスの方針を定め、データオーナー、データ管理者、データ利用者の役割と責任を明確化。

2. データカタログの整備:組織内のデータ資産を一元的に管理するデータカタログを整備し、データの可視化と検索性を向上。

3. データ匿名化・暗号化技術の活用:個人情報などの機密データを匿名化・暗号化し、プライバシーとセキュリティを確保。

4. ゼロトラストセキュリティの導入:ネットワークの内外を問わず、全ての通信を検証するゼロトラストセキュリティモデルを採用し、サイバー攻撃のリスクを低減。


適切なデータガバナンスとセキュリティ対策により、データの安全性と信頼性を確保し、データドリブン経営の基盤を築くことができます。


デジタル人材の育成と組織文化の変革

DXの実現には、デジタル技術に精通した人材の育成と、変革を受け入れる組織文化の醸成が不可欠です。通信事業者は、社内のデジタル人材の育成に注力すると共に、外部からのデジタル人材の獲得も進めていく必要があります。


具体的には、以下のような人材育成施策が考えられます。


1. デジタル人材向け研修プログラムの整備:AI、ビッグデータ、クラウドなどのデジタル技術に関する研修プログラムを整備し、社内のデジタルリテラシーを向上。

2. デジタル専門職制度の導入:データサイエンティスト、クラウドアーキテクト、サイバーセキュリティ専門家など、デジタル領域の専門職制度を導入し、キャリアパスを明確化。

3. 外部デジタル人材の獲得:スタートアップ企業やIT企業から、デジタル領域の高度な専門性を持つ人材を獲得。

4. 変革を推進する組織文化の醸成:トップのコミットメントを明確にし、挑戦を奨励する組織文化を醸成。失敗を許容し、学びを重視するマインドセットを促進。


デジタル人材の育成と組織文化の変革により、DXの推進力を高め、イノベーションを持続的に創出する基盤を構築することができます。


外部パートナーとのエコシステム構築

DXの実現には、通信事業者単独の取り組みだけでは限界があります。多様なプレイヤーとのエコシステムを構築し、協創を通じてイノベーションを加速することが重要です。


通信事業者が構築すべきエコシステムのプレイヤーとしては、以下のような企業が考えられます。


1. クラウドサービスプロバイダー:AWS、Azure、GCPなどのクラウド事業者と提携し、クラウドネイティブなサービス開発を推進。

2. IoTソリューションベンダー:IoTプラットフォームやソリューションを提供するベンダーと連携し、IoTサービスの共同開発や販売を実施。

3. AIスタートアップ:最先端のAI技術を持つスタートアップと協業し、新たなAI活用サービスを創出。

4. コンテンツプロバイダー:動画、音楽、ゲームなどのコンテンツプロバイダーと提携し、5Gの高速・大容量通信を活かした新たなエンターテインメントサービスを提供。


外部パートナーとのエコシステム構築により、各社の強みを活かしたシナジーを創出し、DXを加速することができます。


データ活用と人材育成は、DXの両輪です。データドリブン経営を実践し、デジタル人材を育成すると共に、外部パートナーとのエコシステムを構築することで、通信事業者はDXの果実を最大限に享受することができるでしょう。DXの実現には、技術面での変革だけでなく、組織、文化、エコシステムの変革が不可欠だということを認識することが重要です。


事例紹介


国内通信事業者のDX成功事例

1. KDDI:「au PAY」を中心としたスーパーアプリ戦略

KDDI は、キャッシュレス決済サービス「au PAY」を中心に、様々なサービスを統合したスーパーアプリ戦略を推進しています。


au PAY アプリ内で、決済、ポイント管理、クーポン配信、店舗予約など、多様なサービスを提供することで、ユーザーの利便性向上と、データ利活用によるマーケティング高度化を実現しています。


au PAY マーケットの出店者向けに、決済データを活用した販促支援サービスも提供しており、取引データの活用による新たな価値創出にも取り組んでいます。


2. NTT ドコモ:AI を活用したネットワーク運用の自動化

NTT ドコモは、ネットワーク運用の自動化と効率化に向けて、AI 技術を積極的に活用しています。


具体的には、基地局の故障予兆を検知するシステムや、お客様からの問い合わせ内容を自動判別するシステムなどを導入し、ネットワーク運用の安定性向上と、オペレーションコストの削減を実現しています。


5G ネットワークの構築に際しても、AI を活用したビームフォーミング技術により、電波の最適制御を行い、少ない基地局で効率的なエリア展開を実現しています。


海外通信事業者のDX先進事例

1. AT&T(米国):エッジコンピューティングを活用した新サービス創出

AT&T は、5G ネットワークとエッジコンピューティングを活用し、低遅延かつ高セキュリティなサービスの提供に注力しています。例えば、工場の製造設備にエッジサーバーを設置し、リアルタイムな設備監視と制御を実現するソリューションを提供しています。


自動運転車両向けに、車載エッジサーバーと5Gネットワークを活用した高精度な位置情報サービスや、リアルタイムな危険予知サービスの開発にも取り組んでいます。エッジコンピューティングを活用することで、通信キャリアならではの付加価値の高いサービス創出を目指しています。


2. Vodafone(英国):AI を活用した顧客エンゲージメントの強化

Vodafone は、AI 技術を活用して、顧客とのエンゲージメント強化に取り組んでいます。例えば、顧客との電話応対の音声データをリアルタイムに分析し、顧客の感情状態を推定することで、最適な対応方法をオペレーターに提示するシステムを導入しています。


チャットボットによる自動応答システムを強化し、24時間365日、多言語での問い合わせ対応を実現しています。顧客とのタッチポイントにおいて、AI技術を活用することで、顧客満足度の向上と、オペレーションコストの削減を両立しています。


3. Telefónica(スペイン):データ分析基盤の構築とAI活用

Telefónica は、グループ全体でデータ分析基盤を構築し、AI 技術を積極的に活用しています。同社は、4億人以上の顧客を有していますが、これらの顧客の行動データや通信データを集約し、リアルタイムに分析することで、パーソナライズされたサービスの提供や、ネットワーク運用の最適化を実現しています。


データサイエンティストの育成にも力を入れており、グループ全体で1,000人以上のデータサイエンティストを擁しています。データとAIを活用した意思決定の高度化により、競争力の強化を図っています。


これらの事例から、通信事業者がDXを推進する上では、自社の強みを活かしつつ、データとAI技術を積極的に活用することが鍵になることがわかります。また、単なる通信サービスの提供にとどまらず、エッジコンピューティングやAIを活用した新たな価値創造に挑戦することが、差別化につながると言えます。国内外の先進事例を参考にしつつ、自社の状況に合わせたDX戦略を策定し、実行していくことが求められます。


今後の展望


DXの更なる進展と期待される効果

通信業界におけるDXは、今後さらに加速していくことが予想されます。5Gの普及、IoTの拡大、AIの高度化など、技術の進歩が新たな可能性を切り拓いていきます。


今後、通信事業者がDXを進めることで、以下のような効果が期待されます。


1. 新たなビジネスモデルの創出:5Gの高速・大容量・低遅延といった特性を活かし、AR/VRサービス、クラウドゲーミング、遠隔医療など、新たなビジネスモデルが創出されていきます。通信事業者は、通信インフラの提供だけでなく、サービスプラットフォームの運営者としての役割も担うようになるでしょう。


2. 産業のデジタル化の促進:5GとIoTの普及により、製造業、農業、建設業など、様々な産業のデジタル化が促進されます。通信事業者は、これらの産業向けにデジタルソリューションを提供することで、新たな収益機会を獲得することができます。


3. 社会課題の解決への貢献:高齢化、環境問題、防災など、様々な社会課題の解決に向けて、通信事業者のDXが貢献していきます。例えば、高齢者向けの見守りサービス、スマートシティを通じた環境負荷の低減、災害時の通信ネットワークの早期復旧など、社会的価値の創出が期待されます。


4. お客様体験の革新:AIを活用したパーソナライゼーション、セルフサービスの拡充、オムニチャネル対応など、お客様体験の革新が進んでいきます。通信事業者は、お客様のニーズを先回りして捉え、シームレスで快適なサービス体験を提供することで、顧客満足度の向上と、ロイヤルティの強化を実現できます。


通信事業者がDXを進めることで、通信業界自体の変革を促すだけでなく、他の産業のデジタル化を促進し、社会全体のDXをリードしていくことが期待されます。


通信業界の将来像と課題

今後の通信業界は、従来の通信サービスの提供者から、デジタルサービスのプラットフォーム提供者へと進化していくことが予想されます。5G、IoT、AI等の技術を活用し、様々な産業のデジタル化を支援するとともに、自らも新たなデジタルサービスを創出していくことが求められます。


ただし、この変革を実現するためには、以下のような課題に対処していく必要があります。


1. レガシーシステムの刷新:DXを進める上で、レガシーシステムが足かせとなるケースが多く見られます。レガシーシステムのモダナイゼーションやクラウド移行を進め、俊敏性と拡張性を確保することが求められます。


2. デジタル人材の確保と育成:AI、IoT、クラウドなどの分野で、高度な専門性を持つデジタル人材の確保が課題となっています。社内でのデジタル人材の育成に加え、外部人材の獲得や、パートナー企業との協業など、多様な手段を組み合わせていく必要があります。


3. セキュリティとプライバシーへの対応:サイバー攻撃の脅威が高まる中、ネットワークセキュリティの強化が喫緊の課題となっています。また、膨大な顧客データを扱う通信事業者には、プライバシー保護への厳格な対応も求められます。セキュリティとプライバシーへの投資を継続し、信頼の基盤を構築することが重要です。


4. 規制への対応:通信事業は、各国の規制が強い分野です。新たなデジタルサービスを展開する上で、既存の規制が障壁となるケースも想定されます。規制当局との対話を重ね、時代に合った規制の在り方を提言していくことも、通信事業者の重要な役割と言えます。


これらの課題を乗り越え、DXを着実に進めていくことで、通信業界は新たな価値創造を実現し、社会のデジタル化をリードしていくことができるでしょう。変革の道のりは平坦ではありませんが、通信業界には大きな可能性が広がっています。将来を見据えた長期的な視点を持ち、戦略的にDXを推進していくことが求められます。


まとめ


DXによる通信業界の変革

本記事では、通信業界におけるDXの現状と今後の展望について詳しく解説してきました。5G、IoT、AI等の技術の進歩により、通信業界は大きな変革の時期を迎えています。DXを推進することで、通信事業者は、従来の通信サービスの提供者から、デジタルサービスのプラットフォーム提供者へと進化していくことが可能となります。


この変革により、通信業界は、顧客満足度の向上、新たなビジネスモデルの創出、社会課題の解決など、多方面での価値創造を実現していくことが期待されます。


顧客体験と価値創造の重要性

DXにおいて、顧客体験の革新と新たな価値創造は非常に重要です。AIを活用したパーソナライゼーション、オムニチャネル対応、セルフサービスの拡充など、顧客の期待を上回る体験を提供することが、差別化につながります。


5G、IoT、エッジコンピューティングなどの技術を活用し、スマートシティ、スマートファクトリー、自動運転など、新たなソリューションを創出することで、通信事業者は、様々な産業のデジタル化をリードし、社会的価値を生み出していくことができます。


DX成功のポイントと留意点

通信業界がDXを成功裏に進めるためには、以下のようなポイントを押さえることが重要です。


1. 経営トップのコミットメント:DXを推進するには、経営トップの強いリーダーシップが不可欠です。

2. デジタル人材の確保と育成:AI、データサイエンス、クラウドなどの分野で、高度な専門性を持つ人材の確保と育成が鍵となります。

3. パートナーシップの活用:他社との協業やエコシステムの構築により、DXを加速することができます。

4. データの戦略的活用:顧客データや通信データを分析し、洞察を得ることで、サービス改善や新たな価値創造につなげることができます。

5. セキュリティとプライバシーの確保:サイバー攻撃への対策とプライバシー保護に万全を期す必要があります。


一方で、以下のような点には留意が必要です。


1. レガシーシステムの存在:既存のシステムやプロセスが、DXの足かせとならないよう、計画的に刷新していく必要があります。

2. 組織文化の変革:イノベーションを促進する組織文化への変革が求められます。

3. 規制への対応:新たなサービスを展開する上で、規制が障壁とならないよう、規制当局との対話が重要です。


DXは、通信業界にとって大きな機会であると同時に、挑戦でもあります。DXの本質を理解し、長期的な視点を持って戦略的に取り組むことで、通信業界は新たな価値創造を実現し、社会のデジタル化をリードしていくことができるでしょう。

Comments


bottom of page